第7回胎話コ-チへの道

前回は、「感謝瞑想」と「胎教瞑想」を受けて、名前や性別を聞いたというところまででした。

それからまもなく、家族がインドネシアから帰国する日になりました。
家の掃除をした後、疲れて横になっていた時のことです。

いきなりお腹の中で赤ちゃんが激しく動きました。
「一体どうしたんだろう?」と起き上がった途端に、家の電話が鳴りました。(当時は携帯電話がなかったんです。)
電話は夫からで、成田空港に着いたという連絡でした。
「きっと、赤ちゃんが教えてくれようとしたんだな」と思い、それからは、何かと質問をして、お腹を蹴って答えてもらうようになりました。

「育児文化研究所」で行われるセミナ-に参加するには、電話予約が必要でしたが、予約がなかなかつながらなくて、お話中のことが多かったのです。
そんな時に、お腹の赤ちゃんに「電話がつながるようになったら教えてね」と頼んで、他のことをしていると、しばらくして、突然お腹をポコポコ蹴ってきました。そのタイミングで電話すると、ちゃんとつながって予約することができました。

また、夫が帰宅する時刻がマチマチだったので、夕方、「お父さんが帰る15分前になったら教えてね。」と伝えると、ちゃんとその時に蹴ってくれたので、夕食を温めたりして用意することが出来ました。

今思うと、お腹の赤ちゃんを随分便利に使っていたんですね。

それだけではなく、食べるものや本も、迷った時は聞いてました。

どちらでもいいような時は、何も反応がなかったと思いますが、病院と助産院と自宅のどこで生まれたいかを聞いた時は、はっきりと、自宅のところでポンとお腹を蹴りました。

私は少し躊躇しましたが、納得できるお産をするためにも、自分の体を整えるためにも、自宅出産がいいと思いました。

でも、スム-ズには行きませんでした。

続きは、第8回「胎話コ-チへの道」