第8回胎話コ-チへの道

(大分日数が経ってしまいましたが、)前回は、お腹の子に聞いて、自宅出産を決めたところまででした。

帰国後、時々整体を受けに行っていて、駅から整体の先生のお宅に行く途中にあったヒ-リングサロンで、マタニティヨガも習うようになりました。

ヨガのトレ-ナ-をされていたAさんからは、数秘リ-ディングも受けました。
数秘による名前が表す使命を知ったことで、それまでの自分の名前の変遷の意味がわかった気がしました。

そして、この年に始まった「いいお産の日」のイベントに、Aさんが行ってくれたおかげで、出張助産師さんが見つかったのです。

これで自宅出産が可能になったと思った私は、産婦人科の医師にそれを伝えました。

しばらくして、珍しく両親が揃って家にやってきて、頼むから自宅出産は止めて欲しいと言ったのです。
「あんな思いは二度としたくない」とポツリと言った父の言葉が心に刺さりました。

娘が危篤という電話で、突然母がジャカルタに飛んでから、無事だと聞くまで、一人でどんな思いでいたんだろうと、その時初めて父の胸の内を思いました。

無口で、自分の思っていることを言葉にすることがなかった父が、珍しく漏らした言葉でした。

絶対家で産むとは言えなくなってしまい、ここからまた葛藤が始まりました。

続きは、第9回「胎話コ-チへの道」へ。