「3人目も男の子とわかってから、どうしても受け入れられなくて・・・気が晴れないし、前を向けないんです。
赤ちゃんに悪いと思うし、贅沢な悩みだとわかってるんですけど・・・」

このような相談で来られた方から、出産報告が届きました。

初回は、心を癒すフラワ-エッセンスを調合して、しばらく飲んでもらい、2回目は、安産のためのイメ-ジトレ-ニングを受けてもらいました。

それからまもなく、「無事に元気な男の子を出産しました。」というメ-ルをいただきました。
読んで感動したので、その一部を紹介させてもらうことにしました。

「・・・病院について30分ほどで生まれました。

産後直後は、痛みから解放された安堵で、無感動でしたが、赤ちゃんと毎日ふれあうにつれ、日に日に愛着や愛情が湧いてきました。
よくも悪くも、ずっとわたしの闇の心をお腹の中で一心同体で感じていたはずなのに、ちゃんと生まれてきて、わたしを攻撃するでもなく、必死に小さな体で泣いて、おっぱい飲んで、寝て、そうやって生きている姿を見たら、本当に今までのことが申し訳なく、余計に愛しく思います。

新しく増えたこの子と共に、わたしも新しい世界を一緒に楽しく生きていけたら、と思います。
これからをもっと楽しみたいと思います。

赤ちゃんは、すごいですね。」

赤ちゃんは、お母さんが女の子を望んでいることもわかっていて、それでもこのお母さんがいいから来ているということもお伝えしました。

でも、誰に何を言われるより、実際に赤ちゃんに触れ合ったことが一番だったんですね。

同じような悩みを抱えてる妊婦さんもみえると思いますが、こんなことで悩むなんてと思って、誰にも言えずにいる方がほとんどではないでしょうか?

そんな方の助けになると思うので紹介させてほしいとお願いしたら、こんな素敵なメ-ルを送ってくれました。

「きっと、産む前は、案ずるより産むが易しとか、赤ちゃん見たら、かわいくて仕方なくなるよ、と、違う境遇の人に言われても、全く信じられないと思います。

わたしも、何を聞いてもふーん、って思っていました。
でも、実際に、赤ちゃんと触れあっていくうちに、自然と闇がぱーっと晴れたのです。

こんな風にもなるんだよ、と参考までに知ってもらえると、同じ悩みの人でも、前を向けた人もいる、と少しの光になるかもしれません。
少しでもお役にたてるのであれば、ぜひ(*^^*ゞ」

赤ちゃんもすごいし、こんな風に思えるお母さんも素晴らしいですね。