妊婦さんと話してると、流産しかかったりとか何か異変があると、
すぐに自分を責めてしまう方が多いと感じています。

出産してからも、子どもに何か問題が起きる度に、
自分を責めてしまうお母さんは多いですよね。
私自身もそうでした。

でも、お腹の子も、生まれた子も、お母さんには笑っていて欲しいのです。
自分のことで辛い思いをして欲しくはないんです。

お母さん自身がいつもいい気分でいることは、
胎話をするためにも大切なことです。

自己肯定感を上げて、いつも自分をいい状態にしておくために効果バツグンの「10秒スィッチ」という方法があります。

5月に発売された『シンクロちゃん-一瞬で人生を変える「10秒スィッチ」の法則
(佐藤由美子著・しまだたかひろイラスト・フォレスト出版刊)という本で紹介されているシンプルな方法です。

『シンクロちゃん』は、マンガと解説がセットになっていてとてもわかりやすく、
すでに4刷が決まったくらいなので、今多くの人に必要とされているのだと思います。

シンクロとは、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)の略語で、
「今の自分にぴったりの出来事がタイミングよく起こること」を指しています。

この本には、シンクロ星から地球に送られてきたシンクロちゃんが、
10秒スィッチを学んでいくプロセスが描かれています。

「10秒スィッチを使いこなすことで、シンクロニシティがどんどん起こり、
自分が想定した以上の出来事が現実化していく」のだそうです。

追伸

地元の子育てサ-クルでも、お母さん向けに「10秒スィッチ講座」を開催する予定です。

子どもに教えなくても、10秒スィッチを身につけることでお母さんが変わると
自然に子どもが変わったというケ-スはたくさんあります。